>   > Photoshopで超簡単レトロ写真の作り方【 超高速 描画モード除算 版 】

Photoshopで超簡単レトロ写真の作り方【 超高速 描画モード除算 版 】

20160102-003

今回はもうこれ以上のスピードと簡単さはなんじゃないかという、限界までシンプルなレトロ写真加工の方法です。
とんでもなく簡単なのに、意外にしっかり効果が感じられて感動でした。

箇条書きするステップもなく、1ステップで完了する超超簡単レトロ加工

20160102-005

青系のベタ塗りを作って、描画モードを除算にするだけ!

ビンテージ風レトロ加工したい写真レイヤーの上に、青系のベタ塗りレイヤーを準備。
その青系のベタ塗りレイヤーの【描画モード】を【除算】にするだけ。
ほら、写真が黄ばんだ感じで褪せて一気にビンテージレトロ写真に変身したでしょ。

20160102-006

青色の濃度や彩度、レイヤー自体の透明度で調整も簡単

レトロ感の調整もベタ塗りレイヤーの色や透明度を変えるだけで簡単にできます。
青色を変更すると黄ばんだ褪せた感の微調整ができます。
赤系、つまり紫っぽい青色にすると緑が強く残るレトロ加工になり、
黄系、つまり水色・緑っぽい青色にすると赤が強く残るレトロカラー加工になります。
あとはベタ塗りレイヤー自体の透明度を変えて、どれくらい写真を劣化させるかの度合いを調整します。

ちょっとプラスで、より手の込んだレトロ感に

ノイズでザラザラ感を加えて、古いカメラやトイカメラで撮ったような雰囲気に

フォトショップのフィルター機能でノイズを加えればレトロカラーに加工した写真がさらに本格的なアンティーク・ビンテージ写真の雰囲気に近づきます。
【フィルタ】>【ノイズ】>【ノイズを加える】> 量の%を調整してお好きなザラザラ感に
この辺はもう気分でいろいろ楽しめますね。アンティークがノイズがのせられるフォトショップのパターンファイルなども世の中にたくさんありますし、実際に撮影したおしゃれなオイル紙やクラフト紙なんかをオーバーレイでかぶせるなんてアイデアも楽しめそうです。
20160102-007

四隅に黒いボカシを入れて古いカメラのフチの暗さを再現

どんな方法でもいいのですが、写真のフチから全体の半分くらいまで黒いボカシを入れると古いカメラやトイカメラで撮ったときの隅っこに出てしまう暗みを再現できます。アンティークな雰囲気が一気に増します。
自分でよくやる方法は選択範囲の【境界線を描く】です。
【新規で空のレイヤーを作成】>【選択ツールで全体を選択】>【右クリックして境界線を描く】>【写真の半分くらいを埋められそうな幅を入力、カラーは黒で】>【フィルタぼかし(ガウス)】でぼんやりさせる > 目立たないように【レイヤーの透明度を下げる】