>   > デザイン作業中に流すBGMについて

デザイン作業中に流すBGMについて

何年もデザイン作業にかかわるような仕事を続けて、しかも最近では一人きりでの作業時間も増えてきました。
そんな中で最初はそんな重要視してなかった作業環境について。

場所、空気、机、椅子などなど、パソコン作業には様々な環境から影響があります。
そのどれもが大事で体の健康はもちろん、作業自体の効率や集中力に対して、かなりの影響力があり、仕事全体に作用します。
そんな中で最近、軽く見ていたのに実は無意識状態、つまり周りの音も聞こえないようなすごい集中して作業しているときに影響する重要な環境に気付きました。

それは、耳から入ってくる音。
つまり、作業しているときにバックグラウンドで流れているBGMです。
(BGMと言っても音楽のみのことではなく、雑音や自然の風や虫の声など耳に入ってきている環境音全般のことです。)

この作業中のBGM、せっかく一人で自由に作業できるんだからお気に入りの音楽を大きめの音で流しっぱなしにしてその世界観に自分もトリップした状態でご機嫌の仕事空間を作ろうと考えてました。
ところが、いざ1日に何時間も繰り返しの作業を内職のように繰り返したり、逆にウンウン唸りながらアイデアを絞りだしたりと様々な種類の作業をやっているときに、自分のお気に入りの音楽が耳障りになってきたんです。
そう、音楽を聞きたいときに選ぶ音楽と、BGMとして流す音楽はイコールでは全然無理だったんです。
当たり前っちゃあ当たり前なんですが、自分にとってはすごく意外でした。

そしていま、洋楽や自然音などいろいろなBGMを試した結果、自分に一番合っていたのはテレビショッピングを流しっぱなしということになりました。
これ、燃えるように情熱的な作業はできませんが、無音で作業するよりもはるかに集中できます。